Blog

プロが解説!ヘアカラーを長持ちさせる方法!その1

2017.8.17

 

こんにちは!アシスタント二年目のジュリです。

 

このブログをご覧になっている皆様は、とても美意識が高く、ヘアケア知識もお持ちだと思います。

そんな、皆様にご質問です。

ヘアカラーの色落ちは主に何が原因??

意外と、これだ!という原因、お分かりになるかた少ないと思います!

 

僕もカラーするたび、もう色が抜けた!と驚くことが多いです。

今日は、そんな悩みを解決すべく、色落ちの主な原因についてお伝えします。

 

1.ドライヤーやアイロンなどによる、熱ダメージ

ドライヤーやアイロンを過度に使用すると、毛髪が乾燥しキューティクルにダメージを与え、色落ちを早めます。

 

2.石油系などの洗浄力が強いシャンプーの使用

過度な洗浄力のあるシャンプー剤は、キューティクルを傷つけ、開いた状態にしてしまいます。

開いたキューティクルから、髪の栄養やカラーの色が流れ落ちてしまいます!

 

3.紫外線によるダメージ

紫外線により、毛髪が乾燥し、キューティクルにダメージを与え、色落ちを早めます。

 

4.摩擦によるダメージ

ごしごしタオルドライや過度なブラッシングにより、毛髪表面が傷つき、栄養やカラーが落ちてしまいます。

 

以上が、主な色落ち、毛髪ダメージの原因になります!

皆さん、心当たりのある箇所を改善し、素敵なカラーライフを楽しみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回は、そんな色落ちの原因に対しての対抗策をお伝えします!お楽しみに!

 

  
Translate »